uqwimax001

GWで実家のある金沢に帰省しています。我が家ではちょうど長年使っていたADSL回線から光回線への移行期間中でインターネットが使えません。

そこで受信最大220Mbpsの高速通信が可能なWiMAX2+が固定回線として置き換えられるレベルなのか試してみることにしました。

WiMAXのお試しはUQ WiMAXが行っている15日間無料でWiMAXを試すことができるTry WiMAXレンタルを利用しました。クレジットカードを持っていれば、誰でも利用することができるのでWiMAXを検討されている方はぜひお試しください。

Try WiMAXレンタル|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

スポンサードリンク

Try WiMAXレンタル、申し込み翌日には出荷

Try WiMAXレンタルの申し込みはこちらのページから可能です。利用を予定している地域がWiMAXのエリア内かどうかを確認してから申し込みましょう。

uqwimax002

レンタルできるモバイルルーターは機能比較表に示した4機種。私が借りるときはこの4機種で1番性能が良さそうなHWD15(最速110Mbps)が在庫切れになっていたので、最速220Mbpsに対応したファーウェイ製のW01を選択しました。

今回レンタルしたW01はWiMAX2+の最速220Mbpsでの通信に対応している他、au 4G LTEにも対応しているので広いエリアで使えることが特徴です。

Try WiMAXレンタルを申し込んだ翌日にモバイルルーターが出荷され、その2日間後に無事届きました。

無料でレンタルできる15日間というのは出荷完了メールが届いてから、貸し出されたモバイルルーターを郵送で返却しUQに到着するまでの間です。実際にモバイルルーターが利用できる期間は15日間より短くなる点を注意しましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W01を詳しくみる

Speed Wi-Fi NEXT W01

レンタルしたWi-FiルーターはTSUTAYAのレンタル甩バッグのようなカラーの箱で届きました。返却するときもこの箱を使うので大切に扱います。

Speed Wi-Fi NEXT W01

緩衝材で丁寧に包まれています。

Speed Wi-Fi NEXT W01

内容物は本体と取扱説明書、お知らせや返却方法の紹介などです。

Speed Wi-Fi NEXT W01

ファーウェイ製のモバイルルーター”W01″。とにかく薄くて軽いです。重さは113gしかありません。

現在のところ2機種しか対応していない、WiMAX2+のキャリアアグリゲーションにより最速220Mbpsの高速通信が利用できる機器です。

Speed Wi-Fi NEXT W01

マイクロUSBポートからPCとのUSB接続と充電を行うことができます。

Speed Wi-Fi NEXT W01

開封厳禁ラベルの横に電源スイッチがあります。

Speed Wi-Fi NEXT W01

起動すると、バッテリー残量、現在の通信状況、同時接続台数、時間などをひと目で見ることができます。

Speed Wi-Fi NEXT W01

液晶はタッチパネルになっていて、タッチして設定の変更が可能。

Speed Wi-Fi NEXT W01

1番使いそうなのが、ハイスピードモード(WiMAX/WiMAX2+)とハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/au 4G LTE)切り替え設定です。

本契約でハイスピードプラスエリアモードを使用すると、LTEオプション料として別途1050円かかるそうなので、ハイスピードモードだけで自分の利用エリアをカバーできるか試すのも良いでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W01

本体裏側に無線LAN接続に必要な情報が色々と載っていました。その情報を接続する端末に入力することで無線LANで接続することができます。

その他にもWPS機能やQRコードを使った接続の方法が用意されています。

どれくらい速度が出るのか

実家のある金沢市内で測定しました。測定する場所によって、速度は異なってくるのであくまで参考値ということでご覧ください。

測定はBNRスピードテストを使用しました。

モードはWiMAX/WiMAX2+で通信するハイスピードモードです。

wimax2+_wireless

無線LANでMacBook Airに接続。

思うようにスピードが出ません。2Mbpsだとこの前まで契約していたADSL回線より少し遅いくらい。もう一度測定しても2.27Mbpsとほとんど変わらず。

wimax2+_usb2

wimax2+_usb3_5ghz

USBケーブルでMacBook Airと接続。15.88Mbpsと20.18Mbps、最初に測定したよりも速くなりました。無線LAN接続からUSB接続に変えたら良い結果がでました。

無線LAN接続とUSB接続で大きく差が出る結果となりました。この後、無線LAN接続で何回か測定しましたが、速度は2〜5Mbps、USB接続では15〜20Mbpsで推移していました。

数字的には物足りない結果になりましたが、USB接続であれば動画視聴もネット閲覧も快適にできました。

WiMAX 2+はどんな人におすすめか

WiMAX 2+を使ってみて感じたのは※速度制限(月間データ量に制限)がない安心感です。どれだけ使ってもLTEと違って料金は変わりませんし、速度制限もありません。

一方で通信速度は安定しないという印象。最速220Mbpsを謳っているにも関わらず、実効速度20Mbpsは寂しいかな。この部分はエリアによるとしか言えません。

また、今回は測定はすべて屋内(窓が見えないところ)で行いました。電波が入りやすい窓際にモバイルルーターを置いて、測定したらもっと良い結果が出たのではないかと思います。

色々と考えて、WiMAX2+をおすすめしたいのは…

家でも外でもインターネットをたくさん使いたいけど、できるだけ料金をおさえたい人

WiMAXの魅力といえば、エリア内ならどこでも使えるところ。つまり、移動して使えるところですね。外出先でたくさんインターネットを使う方におすすめしたいと思います。気になる方はぜひTry WiMAXレンタルを試してみることをおすすめします。

試用期間内で気づいたことがあれば追記したいと思います。

※UQ Flatツープラス ギガ放題でハイスピードモードを利用した場合



UQ WiMAX ホーム – 超高速モバイルインターネットWiMAX2+

この記事をシェアする

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

naremo [ナレモ]はWebサービスやアプリ、カメラ、プログラミングについて紹介するブログです。