officeforipad002

ついに日本でもiPadとiPhoneでOfficeが使えるようになりました。アメリカなどの国では今年3月から利用可能だったので日本でも待ち望んでいた方もいるのではないでしょうか。

Officeアプリがリリースされてからすぐにこの記事を出そうとしていたのですが、バタバタしていて完全に機を逃しました

スポンサードリンク

無料ユーザでも文書の新規作成・編集ができるサプライズ

Get Office for iPad and iPhone

Download the apps at http://appstore.com/microsoftoffice Now you can create and edit Word, Excel and PowerPoint documents for free on your iPad, iPhone and iPod touch. Download the real Microsoft Office apps from the App Store today. With an Office 365 subscription, you can edit and create new documents with the iPad and iPhone.

今回リリースされたのは「Microsoft Word」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」の3つのアプリです。iPhoneとiPadで利用できるユニバーサルアプリになっています。

アメリカ等で先行して提供されていたiPad版Officeでは月額課金が必要なOffice365に加入しているユーザーのみ文書の新規作成や編集が可能で、加入していない無料ユーザーは文書の閲覧のみしかできなかったので今回無料ユーザーにも機能を解放したのはサプライズでした。

Microsoftが出した純正アプリなので、当然Officeファイルはレイアウトが崩れることなく表示されます。MS 明朝も使えました。

※アプリの利用にはMicrosoftアカウント(無料で作れる)が必要です。

Dropboxとの連携は嬉しい

officeipad001

Officeアプリがリリースされる直前にMicrosoftがDropboxとの連携を行うことを発表しました。

このアプリには早速その成果が出ており、Dropbox上にあるファイルにアプリ内からアクセスできます。また、作成した文書をDropboxに保存することもできます。

今までDropboxアプリ上でWord文書を開くとレイアウトが崩れてまともに表示できなかったのでここは嬉しいところ。

基本的には作成したファイルはOneDriveやDropboxといったクラウド上で管理されますが、ファイルを一度ダウンロードしておくと、Wi-Fiが繋がっていないローカル環境でもファイルの閲覧と編集が可能です。

どうせ使うなら大きい画面がいい!

ユニバーサルアプリなのでiPhoneとiPadどちらでも使えますが、やはりiPadで使うと非常に使いやすいです。

iPhoneで使うときには画面サイズに最適化された状態で文書を閲覧・編集できるモードがあるようですが、iPhoneで文書を作成したり編集するのは現実的ではないと思います。

私はiPad Air 2でOfficeを現在使っていますが、Wordだと1ページが画面ぴったり収まるサイズなので非常に閲覧しやすいです。キーボードもそこそこ大きいので、がっつり文書を作ることには向いていないかもしれませんが、文書の書き出しや少し編集をするくらいならとても便利なものだと思います。

Microsoft Word
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化

Microsoft Excel
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化

Microsoft PowerPoint
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化

この記事をシェアする

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

naremo [ナレモ]はWebサービスやアプリ、カメラ、プログラミングについて紹介するブログです。