icloudbu001

最近、iCloudの容量不足でiPhoneのバックアップがとれなくなりました。新たにストレージを購入するという手もありますが、お金をかけずにこの問題を解決する方法を紹介します。

スポンサードリンク

容量不足の原因は調べることができる

どの項目があなたのiCloudのストレージを占有しているのか調べる方法があります。

IMG_3804 IMG_3805

設定アプリを開いて、iCloudの項目の「容量」をタップします。次に「ストレージを管理」に進むと右のスクリーンショットのような画面が表示されます。容量を調べるiPhoneを選択します。

IMG_3806

アプリがデータをバックアップするのにどれだけの容量を使用しているのか分かります。私の場合、写真ですね。デジイチからiPhoneに写真を転送することが多いのでここまで容量を使っているのだと思います。

バックアップする項目を指定して容量不足を解消できる


IMG_3806 IMG_3808

各アプリの右にあるスイッチのオン/オフを切り替えることでバックアップを行うか行わないかをアプリごとに決めることができます。私はフォトライブラリをオフにしました。これでバックアップサイズが830MBとなりiCloudの無料ユーザーが使える5GB以内に収まりました。

バックアップをオフにすることのデメリットですが、フォトライブラリをオフにした場合は写真のバックアップが行われなくなり、今までバックアップデータは削除されます。なお、iCloudのフォトストリームは使用できます。

最近iPhoneの機種変更をした方はチェックしてみて

ここまでバックアップする項目を指定して容量不足を解消する方法を紹介しましたが、実は思わぬところでiCloudの容量が使われている場合があります。それは機種変更した後に起こります。

iPhoneからiPhoneに機種変更した場合に起こる話ですが、以前に使っていたiPhoneのバックアップが削除されずに残ったままでiCloudの容量を占有している場合があります。

そのときの対処法について上記の記事で解説しています。

最後に

いざというときにバックアップから復帰できないのはすごく困ると思います。iCloudが容量不足のときは警告が出ますので、そのときはこの記事で紹介した方法を試してみてください。

この記事をシェアする

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

naremo [ナレモ]はWebサービスやアプリ、カメラ、プログラミングについて紹介するブログです。