scannerpro001

手書きのメモや雑誌、書籍の表紙、名刺、領収書などの紙書類を綺麗な形でiPhoneに取り込めるスキャナーアプリ「Scanner Pro」を紹介します。

このアプリでは紙書類の撮影してPDF形式で保存することができます(写真で書き出しも可)。DropboxやGoogle Driveなどのオンラインストレージへのアップロードにも対応しています。

スポンサードリンク

普通のカメラアプリと同様に撮影するだけで書類をデジタル化

早速、Scanner Proを試していきます。

scannerpro002 scannerpro003

まずはアプリを起動してカメラアイコンを押します。カメラの画面が表示されるので、被写体に青いハイライトが表示されるように構えて撮影します。

scannerpro004 scannerpro005

撮影したカタログがいい感じに補正されて表示されます(画面左)。この画面ではサイズ、色や明るさなど細かい設定をすることができます。特にサイズは確認したほうがいいです(わからないときは自動を選択)。カタログなど複数ページを撮影したい場合は下のカメラアイコンより撮影を再開します。

撮影を終わる場合はは左上の戻るボタンを押します(画面右)。

scannerpro006 scannerpro007

撮影したものに名前をつけてください(指定しない場合は自動的に付与)。「完了」ボタンを押すと、一覧に戻ります。デフォルトではPDF形式で保存されます。

カメラロールへの書き出し

カメラロールへの書き出し機能が個人的に使えると思ったのでやり方を紹介します。

まず、上述した方法ではカメラロールには保存されず、写真アプリから撮影した写真を見ることができません。カメラアプリで撮影した写真を見るためには書き出し作業が必要です。

scannerpro007 scannerpro005

一覧ページからカメラロールに書き出したい写真を選択します。選択した写真を再度タップします。

scannerpro008 scannerpro009

プレビュー画面を表示したら右下のメニューをタップし、フォトライブラリを選択します。これでカメラロールに画像が保存されました。

Scanner Pro by Readdle (書類、ホワイトボード、名刺、レシートのスキャンに役立つスキャナー)
価格: ¥700
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化

Scanner Mini – ポケットサイズの無料文書スキャナ
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

無料版もあります。

今回はScanner Proというスキャナーアプリを紹介しましたが、スキャナーアプリはApp Storeで数多く販売されています。自分にあうスキャナーアプリを探してみてください。

この記事をシェアする

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

naremo [ナレモ]はWebサービスやアプリ、カメラ、プログラミングについて紹介するブログです。