先日、Lightningケーブルを購入するときに気をつけるべき3つのポイントというタイトルの記事を公開しました。

その記事でMFi認証済みのLightningケーブルをいくつか紹介したのですが、その中からCable Matters製のLightningケーブルを購入したので紹介します。

スポンサードリンク

4色のカラーバリエーションから選べる!

lightning006

Photo by Amazon

純正品では白色しかラインナップがありませんが、この商品はブラック、ブルー、イエロー、グリーンの4色のラインナップがあります。

※ Amazonのイメージ画像ではホワイトを含む5色のLightningケーブルが掲載されていますが、ホワイトのケーブルは購入できないようです。

(追記:2014年8月27日) ホワイトも購入できるようになっているようです。

もちろん、MFi認証済みなのでバージョンアップ後も安心して使えます。8月20日現在、Amazonで1,000円で販売されています。

純正品のLightningケーブルと比較

パッケージはこんな感じ。Made for iPhone/iPad/iPodのシールと対応機種がプリントされています。

ケーブルの長さは1m、これは純正品と同じ長さです。

コネクター部分にはCable Mattersのロゴが印字されています。

コネクターサイズは外から見た感じでは純正品と同じサイズに見えます。ケーブルの太さもほとんど変わりません。唯一違うと感じたのは接合部のゴムカバーの長さが純正品のほうが長いと思ったことくらいです。

最後に

Lightningケーブルを複数持つと何が便利か。私はLightningケーブルを2本持っています。1本は自宅の充電器に挿しっぱなしにしておき、帰宅したときの充電用に使い、もう1本は普段使っているカバンにcheeroのモバイルバッテリーと共に入れておいて、いつでもiPhoneを充電できるようにしています。

この記事をシェアする

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

naremo [ナレモ]はWebサービスやアプリ、カメラ、プログラミングについて紹介するブログです。