最近時間を見つけてはブログのデザインを変更しています。テーマファイルのPHPやCSSを書き換えるときはWordPressのテーマ編集から作業しているのですが、ここで使えるエディタはコードの色分けがされておらず、すごく見づらいです。

そこで今回はWordPressプラグイン「Advanced Code Editor」を使って、コードを色分け表示できるようにしたいと思います。

スポンサードリンク

設定はプラグインはインストールして有効化するだけ!

やり方はとても簡単です。WordPressにプラグイン「Advanced Code Editor」をインストールして有効化するだけです。これで「外観」>「テーマ編集」と進むと、テーマ編集のエディタが色分け表示されたものに変更されています。

WordPress › Advanced Code Editor « WordPress Plugins

PHP、HTML、CSS、JSファイルの色分け表示に対応

ご覧のとおり、コードが色分けされました。その他にも多くの機能がテーマエディタに追加されました。以下に機能の一部を示します。

  • 行番号表示
  • 文字列検索/置換
  • フルスクリーンエディタ
  • 11種類の色分けテーマ
  • オートコンプリート(3500以上のWordPress関数を補完)
  • テーマファイルダウンロード機能

WordPressのテーマエディタでテーマ編集をよく行う方にはとても便利なプラグインだと思います。是非試してみてください。

この記事をシェアする

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

naremo [ナレモ]はWebサービスやアプリ、カメラ、プログラミングについて紹介するブログです。