eyefimobi004

昨日アイファイジャパンより、Eye-Fi Mobiから直接PCに写真や動画を転送できるツール「Eye-Fi Mobi PC転送ツール」が発表されました。実際にインストールして試してみました。

スポンサードリンク

これまではスマホやタブレットへのワイヤレス転送しかできなかった

これまで、Eye-Fi Mobiはスマートフォンやタブレットへの写真のワイヤレス転送には対応していました。PCへのワイヤレス転送には対応しておらず、PCへのワイヤレス転送を行いたい場合には上位機種のPro X2カードが必要でした。

それが今回「Eye-Fi Mobi PC転送ツール」が発表されたことでEye-Fi MobiでもPCへの直接転送が可能となりました。

かんたん設定・・・ツールをパソコンにインストールした後、「Eye-Fi Mobi カード」のケース裏に記載されている10桁のアクティベーションコードを入力してください。自動でカードとパソ コンがペアリングされます。

ワイヤレス転送・・・パソコンはMobiカードが発信する無線ネットワークに接続するため、転送にインターネット環境は必要ありません。山頂や海上などでもカメラからパソコンにワイヤレス に転送可能です。

自動バックアップ・・・モバイル端末への転送同様、Eye-Fiの特許技術によりパソコンへの転送 も自動で行います。撮影と同時にパソコンに画像がバックアップされているので、カードの容量を 気にせずに撮影に集中できます。いちいちブラウザやアプリを立ち上げる必要はありません。 また、保存フォルダも変更できるので、バッチ処理などを登録しておけば、ワークフローに組み込むことが可能です。

アイファイジャパン、“Mobi PC 転送ツール”を正式リリース | Eye-Fi Japan

実際に使ってみました

Eye-Fi Mobi PC転送ツールは下記のリンクからダウンロードできます。

ダウンロード | よくある質問 | Eye-Fi Japan

eyefimobi001

手順に従いインストールして、初期設定を行います。まずはEye-Fiカードのアクティベーションです。購入時に付属しているアクティベーションコードを入力します。

eyefimobi002

写真と動画それぞれの保存先を指定します。右側のチェックを入れると、撮影日毎に自動的にフォルダが作成されます。

eyefimobi003

最後にEye-Fi MobiとPCを接続します。Eye-Fi Mobiが入っているカメラの電源を入れて、PCに近づけると自動的に接続されます。

この部分はカメラによって少し手順が違うようで、私が持っているCanon Kiss X7の場合、Eye-Fi Mobiを入れた状態で1枚写真を撮影しないと、カードの通信が始まらない仕様になっているようです。

今回紹介したのは初期設定の部分で次回以降はEye-Fi Mobiを入れたカメラを近づけると、自動的に写真をPCに転送します。

[おまけ] Eye-Fi Cloud、7月にも日本上陸!

Eyefi がクラウド写真サービス Eyefi Cloudを米国で開始。ブランドを刷新 – Engadget Japanese

Eye-Fiがクラウドの写真サービスに参入します。これまでのEye-Fiカードの使い方はカードからスマートフォンのアプリに転送するというものでしたが、今後はアプリから写真データをクラウドに転送して管理することができるようになるようです。

Eye-Fi Cloudは有料サービスで年額49ドル(Eye-Fiカードユーザーは3ヶ月無料)で提供されるとのことです。アイファイジャパンによると、現在同サービスの日本語化作業を7月中旬を目標に行っていると発表しています。

Eyefi Cloudの日本国内提供開始時期に関して | Eye-Fi Japan

デジカメからワイヤレスでスマホに写真を自動転送!「Eye-Fi Mobi」を買いました – iLOG

Eye-Fi MobiかFlash Airか?あなたに合うWi-Fi内蔵SDカードはどっち? – iLOG

Eye-Fi Mobi関連の記事もあわせて読んでみてください。

この記事をシェアする

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

naremo [ナレモ]はWebサービスやアプリ、カメラ、プログラミングについて紹介するブログです。