eye-fi-mobi001

デジカメからWi-Fiを使って、スマートフォンやタブレットに写真を転送できるSDカード「Eye-Fi Mobi」を買いました。凄く便利です。おすすめです!

スポンサードリンク

Eye-Fi Mobiって何?

eyefi002

Eye-Fi Mobiって何ぞや?っていう方もいらっしゃると思うので説明します。Eye-Fi Mobiは無線LANを内蔵したSDカードで、デジカメで撮った写真を自動的にスマホやタブレットに転送できる超便利な機能が使えるのです。

Eye-Fi Mobi製品情報 | Eye-Fi Japan

気になる価格(Amazon)は下記の通り。

  • Eye-Fi Mobi 4GB :2,716円
  • Eye-Fi Mobi 8GB :3,865円
  • Eye-Fi Mobi 16GB:5,826円
  • Eye-Fi Mobi 32GB:8,063円

普通のSDカードより少し高いですが、便利なことを考えると安いと思います。注意したい点は4GBだけ転送速度が遅いClass 6のカードだということです(他のカードはClass 10)。

Classはデジカメで写真を撮影してから、SDカードに保存するスピードに関わってきますので、ミラーレスやデジイチをお使いの方は8GB以上の容量を選んだほうが良いと思います。

Eye-Fi Mobiを開封!

eyefi003

eyefi004

eyefi005

eyefi006

Eye-Fi Mobiはシンプルなパッケージ。パッケージがEye-Fi Mobiの使い方(取説)を兼ねていて良いなと思いました。本体はカードケースの中に入っていて、このカードケースの裏には初期設定時に必要なアクティベーションコードが入っています。絶対に無くさないようにしましょう。

Eye-Fi MobiからiPhoneに写真を転送する

追記:2014年10月2日

写真を転送するための新しいアプリがリリースされ、ここに書いてある情報が古くなりました。新しいアプリ向けの解説記事を書きましたのでよろしければご覧ください。

Eye-Fi
価格: 無料
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング

Eye-Fi Mobiからスマートフォンやタブレットに写真を転送するときは専用のアプリを使います。あらかじめ、インストールしておいてください。このアプリはiOSとAndroidに対応しています。

eyefi007 eyefi009

アプリを起動すると、アクティベーションコードを入力するように求めれるので入力してください(アクティベーションコードはSDカードのケースの裏に書いてあります)。

次に進むとプロファイルのインストール画面が表示されるので「インストール」を押してください。これで初期設定が終了です。

続いて、Eye-Fi Mobiをデジカメにセットします。私の持っているCanon Kiss X7の場合はメニューから「Eye-Fi設定」>「Eye-Fi通信」を”あり”にします。これでEye-Fiカードが使えるようになります。

「Eye-Fi連動機能」搭載カメラ

「Eye-Fi連動機能」搭載とは、Eye-Fiカードのための機能、メニューなどが搭載されているカメラのことで、各メーカーから数多くのモデルが販売されています。
写真や動画の転送が完了するまでカメラの電源が落ちない機能や、カメラのディスプレイに転送状況がアイコンで表示されるもの、カメラのメニューでEye-Fiの設定をON/OFFできるものなど、「Eye-Fi連動機能」搭載カメラでは、Eye-Fiカードをより快適にご利用いただけます。

Eye-Fi連動機能搭載カメラ | Eye-Fi Japan

Eye-Fi連動機能を搭載しているカメラだと、より快適にEye-Fiカードを使うことができます。

eyefi010 eyefi011

少し話が逸れてしまいましたが、またアプリの方に戻ります。初期設定は終わっているので、Eye-Fi Mobiとの接続を行います。設定アプリからWi-Fiを選択します。アクセスポイントにEye-Fiが表示されるので接続します。

Eye-FiのアクセスポイントはEye-Fiカードをカメラに入れた状態で写真を1枚撮らないと表示されないようです。

Eye-Fiとデジカメを接続できたら、アプリに戻ります。これで撮った写真が自動で転送されます。

実際に使ってみて

今まではデジイチで撮影して、カメラをMacにUSB接続して写真を取り込んでいました。この作業がとても面倒でした。(MacBook Air 11インチはSDカードスロットも付いていませんし、SDカードだけ接続も無理)

Eye-Fi Mobiを使うと、撮影した瞬間から写真をスマートフォンに自動転送します。どの写真を転送するかは選べません。でも、そこがいいと思います。

スマートフォンに転送してしまえば、あとは編集や共有、削除など自由自在です。オンラインストレージサービスを利用すれば、スマートフォンに転送した写真を自動でDropboxやOneDriveにアップロードできます。

とにかく便利です!

ただ唯一気になる点はカメラのバッテリー持ちです。Eye-Fi Mobiの電源供給はカメラの電源から行っているので、どれくらいバッテリー持ちが変わるのか気になります。また、気づいたことがあったら報告したいと思います。

Eye-Fi Mobiを選んだ理由やFlash Airとの違いを書きました。

この記事をシェアする

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

naremo [ナレモ]はWebサービスやアプリ、カメラ、プログラミングについて紹介するブログです。