re_HP-ENVY-TouchSmart-Ultrabook-4_thumb

受験生の皆さんはそろそろ進路が決まって、大学生活への準備を進めているところではないでしょうか。

大学ではパソコンが必要となる場面が多くなります。そのために自分専用のパソコンを持っている学生が数多くいます。本日はどのような場面でパソコンを使うのかを踏まえながら、大学で使うパソコン選びについて考えたいと思います。

更新:2016年1月22日
一部、内容を改めました。この記事を書いた3年前と比較して、タブレットや軽量ノートパソコンの普及など色々と書き足さなければいけないことがあるので今後追記していきます。

スポンサードリンク

どんな場面でパソコンを使うの?

re_C777_kotatudeMBAtookashi (1)

学習面ではレポート作成、プレゼン、調べ物、履修登録、語学学習などで使います。

生活面ではサークル活動(ビラ作成など)、1人暮らしでの生活(料理・洗濯・掃除)で困ったとき、就職活動(エントリーシート作成等)などで使います。

多くの大学でパソコンの貸出やパソコンが使える教室があったりするので、絶対に自分のパソコンを持たなければいけないということはありません。しかし、レポート作成など時間がかかる課題やグループワークなどを考えると、いつでもどこでも使える自分のパソコンを持ったほうがいいと考えます。

パソコンを選ぶ上で大切な3つのこと

大学で使うパソコンを選ぶ上で大切なことは携帯性、保証、Officeだと思います。もう既に大学が決まっている人は大学生協から推奨パソコンのお知らせが届いていると思います。

そのお知らせから必要なスペックやソフトウェアを読み取ってください。基本的にはインターネットで調べ物やレポート作成ができる性能であれば問題ないと思いますが、動画制作やデザインなどを学ぶ内容によってはスペックが高いパソコンが必要な場合があります。

大学生協が推奨するパソコンの価格は一般的に高いと言われますが、後述する大学生協ならではメリットもあります。

携帯性

ultrabook-intel

情報工学系の学部など大学にパソコンを持ってくる頻度が高い学生は小さくて軽いパソコンをお勧めします。大学にはパソコンだけではなく、講義を受けるために必要な教科書なども合わせて持っていかなければならないので、重いパソコンだと毎日持ち運ぶのがストレスになります。

個人的におすすめなのは画面サイズが13インチ前後で重量が1.5キロ以下のものです。

私は11インチのMacBook Airを2年ほど使っていました。重量が約1.1キロしかないので大学で使う分には持ち運びも楽で良かったのですが、家で使うには画面サイズが小さく作業効率が悪くなります。自宅に外部ディスプレイ環境があって、持ち運びを重視したいという方は11インチでも良いかと思います。

MacBook Airに外部モニターを繋いで快適な作業環境を構築

画面サイズが大きくなるほど、作業がしやすくなりますが当然重量が増していきます。15インチになると、重量は2キロほどになります。自宅で使うことがほとんどの場合であれば問題ありませんが、毎日持ち運ぶパソコンには適していません。また、最近の画面サイズが比較的小さいものはDVDドライブが付いていないものがあるので、DVDが見たい方は注意しましょう。

保証

re_pc-hosyo

先ほど、「大学推奨パソコンは高い」と言いましたが、大学推奨パソコンの魅力は保証です。多くの場合、保証期間が4年間あり、家電量販店で購入した場合より保証内容も手厚いです。

  • パソコンを落として、液晶ディスプレイを割ってしまった。
  • コーヒーをパソコンにかけて壊した

というような明らかに自分の過失でも保証してくれることがポイントです(上記は一例、保証内容は各生協で確認してください)。私の友人は掃除をしているときに誤って画面踏んで壊してしまったにも関わらず無料で交換してもらっていました。大学によっては購入者限定のパソコン講習会が開かれていたり、使い方のサポートをしてくれるところもあります。。

Campus PC Guide-安心のサポート|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)

Office

microsoft-office

レポート作成でWord、プレゼンテーションでPowerPointといった具合にOfficeは必ずと言っていいくらい必要です。OpenOfficeなどの無料の代替ソフトもありますが、互換性の面から素直にOfficeを購入したほうが良いです。

また、パソコンを購入後に単体でOfficeを購入すると、値段が非常に高くなるので、あらかじめOfficeがプリインストールされているパソコンを購入しましょう。ちなみに大学側がMicrosoftとライセンス契約をしていて、数千円(あるいは無料)でOfficeを提供している大学もあります。Officeを必要としなければ、パソコンの価格は一気に下がるので大学からのOffice提供があるかは事前にチェックをするのが良いです。

更新:2015/02/19
インターネットが繋がる環境であればOfficeを無料で使える方法があります。急場しのぎに使えます。

Officeファイルの作成や編集、共有がブラウザから無料でできる!「Office Online」

どうやったら安くパソコンが買えるの?

money002

日本にはNEC富士通パナソニック東芝などの有名なパソコンメーカーがあります。大学推奨パソコンでも日本メーカーが推されていたりしますが、価格は高くなってしまいます。

もしあなたがメーカーにこだわらないのであれば、海外メーカーを選ぶと安く購入することができます。海外メーカーはASUSレノボAcerDellなどがあります。最近ではMicrosoftも独自でPC開発・販売を始めて、Surfaceシリーズが人気を博しています。

価格.comのような価格比較サイトを見るのも手です。自分が購入しようと考えているパソコンはインターネット上ではいくらで売られているのか。相場を知ることも大切です。

Macってどうなの?

re_macbookair-website

私はMacBook Airと共に大学生活を送っています。私の通っている大学はMac向けのマニュアルも充実しているので、困ったことはありません。これは大学によると思います。Officeが必要なことがありましたが、Office for Macを購入しているので問題ありませんでした。Windowsとの互換性もバッチリです。

近年は大学でもMacユーザーが増えてきました。さきほど紹介した大学生活でパソコンが必要な場面のほとんどはWindowsでもMacでも問題なく対応できるので、好きなものを購入すれば良いと思います。ただ、大学で使っているソフトウェアがWindowsしか対応していないこともあったりするので、心配であれば大学に聞いてみましょう。

大学生がApple製品を購入するときは学割で安く購入できるので、Appleの学生・教職員向けストアを利用するのがおすすめです。年間1台の購入制限など条件があるので、詳細は下記リンクよりご確認ください。

Appleの学生・教職員向けストア

更新:2015/02/19
大学でMacを使っている私がつまずいた問題とその対処法をまとめました。

大学でMacを使っていて困ったこととその対処法

最後に

焦って買う必要はありません。入学前に買わなくても、実際に入学してから「周りの人はどんなパソコン使ってるんだろう」と周りを観察してから買ったほうが確実です。先走って生協推奨パソコンを購入して後悔している人をたまに見るのでこれは強く言っておきたいです。

この記事をシェアする

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

naremo [ナレモ]はWebサービスやアプリ、カメラ、プログラミングについて紹介するブログです。